コンテンツにスキップする

鉄鉱石価格見通し、引き上げ相次ぐ-中国向け輸出が過去最高

中国向け鉄鉱石輸出が過去最高水準 に達し、鉄鉱石価格の強気相場が続いている。このため、米モルガン・ スタンレーや世界銀行などは価格見通しを引き上げている。

世界最大の鉄鉱石輸出ターミナル、オーストラリアのポートヘッド ランド港のデータによれば、同港からの中国向け鉄鉱石輸出は10月 に43%増加し過去最高水準に達した。中国税関当局のデータによると、 同国の鉄鉱石輸入は9月に過去最高水準に達している。南アフリカ共和 国のスタンダード・バンク・グループと豪資源・エネルギー経済局 (BREE)も過去数週間に価格見通しを引き上げた。

アジア最大の経済国である中国の経済指標で同国の景気加速が示さ れたことを受け、中国の鉄鉱石価格は先週、2カ月ぶりの高値に達し た。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ジョエル・クレーン氏(メル ボルン在勤)によると、豪州の生産会社を中心に供給が増加しているた め鉄鉱石の海上輸送市場は来年、供給過剰となる見通しだが、下期(7 -12月)以降と見込まれている。

クレーン氏は「現時点では需要が供給を上回っており、この状況は 来年にかけて続くだろう。リオ・ティントとBHPビリトンが増産し、 ヴァーレの生産も1年ぶりに純増するため、供給の伸びが需要の伸びと 同じペースを保ち始めるはずだ」と指摘した。

原題:Iron Ore Rallying as Cargoes to China Reach Record: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE