コンテンツにスキップする

英国10月の住宅価格指標、11年ぶり高水準-不動産鑑定士協会

英国の住宅価格指数は10月に過去10 年余りで最も高い水準に上昇したことが、市場調査の結果明らかになっ た。住宅購入を後押しする政府のプログラムが奏功し、全国的に供給の 逼迫(ひっぱく)傾向が強まった。

英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)が12日配布した資料によ ると、10月の価格指標はプラス57と、9月のプラス53(改定値)から上 昇し、2002年6月以来の高水準となった。

RICSのチーフエコノミスト、サイモン・ルビンソン氏は「住宅 市場が若干勢いづいているのは確かだ」と指摘。「政府の住宅購入支援 プログラムを受けて、金融機関の間で住宅ローンの融資比率を引き上げ る意欲が高まり、より多くの初回購入者が市場に参加できるようになっ た」と述べた。

RICSによると、物件の需給ギャップは09年5月以来の水準に拡 大し、在庫との比較で見た販売物件数も07年10月以来で最も多い。 RICSは、向こう1年で住宅価格が全国的に3%値上がりすると見込 んでいる。9月時点では2.6%上昇すると予想していた。

原題:U.K. RICS House-Price Index Hits 11-Year High as Demand Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE