コンテンツにスキップする

ノバルティス、輸血診断部門の売却でグリフォルスと合意7

スイスの医薬品メーカー、ノバルテ ィスは11日、輸血診断部門をスペインの製薬会社グリフォルスに約16 億8000万ドル(約1670億円)で売却することで合意したと発表した。ノ バルティスはポートフォリオのスリム化を図っている。

ノバルティスの発表資料によると、来年1-6月(上期)中の手続 き完了を見込んでいる。同社による資産売却では、2007年にベビーフー ド「ガーバー」ブランドを売却して以来の規模。

ジョー・ジメネス最高経営責任者(CEO)は11日、どの市場セグ メントに残るかを見極める戦略的見直しを行っていることを明らかにし た。同CEOによれば、世界規模の同社事業は現在、医薬品、眼科製品 のアルコン、後発医薬品(ジェネリック)のサンドの3つ。同社は自社 の各事業を業界トップクラスにすることを望んでおり、それができない なら売却を検討する意向を表明している。

事情に詳しい複数の関係者が先週語ったところでは、ノバルティス は売却の筆頭候補として動物用医薬品事業を挙げており、非処方箋 (OTC)薬部門とワクチン事業の売却も検討している。これら資産に ついて最終的な決定はまだ下されていないという。

原題:Novartis to Sell Blood Unit to Grifols for $1.68 Billion (4)(抜粋)

--取材協力:Manuel Baigorri. Editors: Tim Farrand, Tom Lavell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE