コンテンツにスキップする

中国で金2000トンの保管所開設へ-欧米からアジアへ需要移行

金地金2000トンを収容できる保管所 が今月、上海で開設される。保管所を保有するマルカ・アミット・グロ ーバル(香港)は、アジア最大の経済国である中国の金需要拡大により 利益を上げることを目指している。この保管所の収容能力は、予想され ている今年の中国の金需要の2倍に相当する。

マルカ・アミットの貴金属担当ゼネラルマネジャー、ジョシュア・ ロトバート氏はインタビューで、この保管所について同社保有の施設と しては最大規模で、ダイヤモンドや宝飾品、美術品も保管可能であるこ とを明らかにした。ブルームバーグの算定によると、この保管所が収容 できる金地金の価値は現在の価格で換算して約825億ドル(約8兆1800 億円)に上る。業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)に よれば、中国の今年の金需要は1000トンに達する見通しだ。

WGCによれば、中国では金相場下落と所得の増加を背景に金需要 が拡大しており、今年は29%増加し過去最高水準に達する可能性があ る。そうなれば、インドを抜いて世界最大の金消費国となる。上海自由 貿易区への投資は、世界の需要の欧米からアジアへの移行を反映してい る。英HSBCホールディングスによると、大中華圏、インド、インド ネシア、ベトナムの金宝飾品や金の延べ棒、金貨の需要は現在、世界全 体の約60%を占めており、2004年時点の35%から拡大している。

1988年から貴金属調査に携わっているプレシャス・メタルズ・イン サイツ(香港)のマネジングディレクター、フィリップ・クラプウィク 氏は「このような施設は、中国の金市場の信頼感を大いに高めることに つながる」と指摘。「需要傾向は極めて力強いプラスだ」と述べた。

原題:Gold Vault Opens in China as Bullion Goes From West to East(抜粋)

--取材協力:Feiwen Rong、Christine Hah. Editors: Jake Lloyd-Smith, Ovais Subhani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE