コンテンツにスキップする

中国アリババ、「独身者の日」の売り上げは過去最高

中国最大の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングは、「光棍節」(独身者の日)の11日 に同社のウェブサイト上で行われた取引の額が350億元(約5700億円) を突破し、昨年の191億元を上回ったことを明らかにした。中国でネッ トショッピングが最も活発に行われる日に合わせた割引販売が買い物客 を引き付けた。

アリババの2つの主要プラットホームである淘宝網(タオバオ)と Tモールでは11日、最初の13時間で1年前の売り上げを上回った。アリ ババがツイッターを通じて明らかにした。人民日報によると、光棍節 は1990年代に学生の発案で始まった。この日は電子商取引各社が大々的 に販売促進活動を行う。

Tモールでは、深夜から「ギャップ」や「スティーブン・マデン」 などの海外ブランドや国内の商品2万点が50%以上の割引で販売され た。ネット購入の急増は中国内の需要が実店舗からシフトしていること を示している。ブルームバーグ・インダストリーズによると、小売売上 高に占めるオンライン販売の割合は6.3%と、前年の4.3%から増加し た。

原題:Alibaba Breaks Sales Record on China Singles Day Amid Discounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE