コンテンツにスキップする

米財務長官:世界経済の不均衡是正へ、アジアは内需拡大を

ルー米財務長官は米紙ウォールスト リート・ジャーナルのアジア版(12日付)に寄稿し、世界経済がバラン スを取り戻す必要性を訴え、アジア諸国に内需拡大と市場原理に沿った 為替相場を容認するよう求めた。

ルー長官はこの中で、「新興市場国が世界経済において一段と大き な役割を果たす中で、米国が世界の輸入国であるという土台の上に成り 立つ成長パターンを脱却する必要がある」と述べた。

同長官は今週、日本と中国、シンガポール、マレーシア、ベトナム を訪問する。各国訪問の目的について長官は「需要拡大や世界経済を通 じて得られる共通利益の供与、さらに米国の労働者と企業に公平さがも たらされるよう協力関係を強化することだ」と述べた。

具体的には、中国に対して市場に基づいた為替レートへの移行を加 速させる必要があると指摘した。また日本については、内需拡大を強化 し、「単なる輸出依存にならないように」するとともに、為替レートを 目標にしないとした主要7カ国(G7)と20カ国・地域(G20)での取 り決めを「引き続き尊重するよう」求めた。

原題:U.S.’s Lew Urges Asia to Strive for More Balanced Global Economy(抜粋)

--取材協力:Kasia Klimasinska. Editors: Brendan Murray, James L Tyson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE