コンテンツにスキップする

ギリシャ議会、サマラス首相の不信任案を否決-153対124

ギリシャのサマラス首相は、主要野 党の提案で実施された不信任投票を切り抜けた。同国政府は債権者との 協議を続けている。

投票の結果によると、ギリシャ議会(300議席)は不信任案を反 対153票、賛成124票で否決した。サマラス首相率いる連立政権の一翼を 担う全ギリシャ社会主義運動(PASOK)は、不信任動議に賛成票を 投じた議員1人を除名した。

主要野党・急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は、旧 公営放送ERTの本部を占拠していた人々を警察が7日に強制排除した ことを受けて不信任投票の動議を行った。

原題:Greek Premier Samaras Survives Parliament No-Confidence Vote (1)(抜粋)

--取材協力:Antonis Galanopoulos. Editors: Andrea Snyder, Andrew Davis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE