コンテンツにスキップする

欧州債:総じて高い、統計控え成長鈍化見通し-英国債は下落

11日の欧州債市場ではユーロ圏諸国 の国債が総じて高い。今週発表される統計で、域内経済の成長鈍化が示 されるとエコノミストらはみている。ドイツ10年債利回りは前週末に、 2週間ぶりの大幅上昇となっていた。

ドイツ国債の5年物と30年物の利回り格差は約16年ぶりの大幅まで 2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満。欧州中央銀行 (ECB)が7日に大半の予想に反して政策金利を過去最低に引き下げ たことが背景にある。スペインとイタリアの国債も買われた。ポルトガ ル国債も上昇。ムーディーズ・インベスターズ・サービスが同国の格付 け見通しを「安定的」とし、従来の「ネガティブ」から引き上げた。こ の日の米国債市場はベテランズデーのため休場。

ヘッセン・テューリンゲン州立銀行(ヘラバ)のラルフ・ウムラウ フ氏(フランクフルト在勤)は「ユーロ圏経済は緩やかな回復の初期段 階にあるため、ECBは長期にわたり政策金利を現行水準で維持すると 当社は確信している」とし、「しばらくは現行の利回り水準が現実的で あり、年末まで続くだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、ドイツ10年債利回りは前週末から ほぼ変わらずの1.75%。8日には7bp上昇し、9月5日以来の大きな 上げとなった。同国債(表面利率2%、2023年8月償還)価格 は102.18。

5年物と30年物の利回り格差は200bp。7日には終値ベースで201 bpと、1997年以降の最大となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によると、 14日発表のユーロ圏の7-9月(第3四半期)の域内総生産(GDP )は前期比0.1%の増加が見込まれている。4-6月(第2四半期) は同0.3%増だった。

英国債市場では10年債が下落し、ドイツ国債に対する利回り上乗せ 幅(スプレッド)は2005年以来の大幅となった。

英10年債(表面利率2.25%、2023年9月償還)の利回りは前週末比 4bp上昇の2.80%、価格は0.295下げ95.285。ブルームバーグのまと めたデータによると、ドイツ10年債とのスプレッドは4bp拡大の106 bp。

原題:European Bonds Gain Before Growth Report as Yield Curve Steepens(抜粋) Pound Falls for Second Day Before Inflation Report; Gilts Drop (抜粋)

--取材協力:Neal Armstrong. Editors: Keith Jenkins, Paul Dobson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE