コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港、中国株反発-インド株続落

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数は6営業日ぶりの上昇となっ た。中国共産党が改革を検討する第18期中央委員会第3回総会(3中総 会)が開催される中、工業生産が予想を上回る伸びとなったことを好感 した。

中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は2.7%高。粉ミルクメ ーカーの雅士利国際(1230 HK)は17%高。同社株式をテマセク・ホー ルディングス傘下部門を含む5社が取得することで合意した。広州汽車 集団(2238 HK)が2.1%上昇するなど、中国の自動車株も値上がり。同 国の新車販売の増加が材料視された。

ハンセン指数は前週末比325.46ポイント(1.4%)高の23069.85で 終了。一時は0.3%下げる場面もあった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同1.9%高の10582.90で引けた。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港在勤) は電話取材で「先週の相場下落後、若干安値拾いが見られる」と指摘。 「投資家は中国の3中総会の結果が期待外れにならないよう望んでい る。金融分野での政策改革への期待がある」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は4営業日ぶりに上昇。投資が拡大するとの見方か ら、鉄道株が買われた。一方、政府が住宅価格の上昇を抑制する措置を 強化するとの懸念が広がった。

鉄道車両メーカーの中国北車(601299 CH)と中国南車(601766 CH)が高い。国有企業の中国鉄道総公司が年内に新プロジェクトへの投 資を増やす見通しだと毎日経済新聞が報じた。酒造会社の貴州茅台酒 (600519 CH)は約1カ月ぶりの大幅上昇となった。一方、保利房地産 集団(600048 CH)は2.1%安。同銘柄などで構成される不動産株の指数 は2カ月ぶり安値まで下落した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比3.34ポイント(0.2%)高の2109.47で終 了。一時は0.6%下げる場面もあった。上海、深圳両証取のA株に連動 しているCSI300指数は同0.3%高の2315.89。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「経済指標はほぼ 予想通りで、現在は相場を動かす材料がない」と指摘。 「これまで 第18期中央委員会第3回総会(3中総会)からニュースはないが、投資 家は改革措置に高い期待を持っている。政策リスクが不動産業界が直面 する最大のリスクだ」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のS&Pセンセックス指数は5営業日 続落となった。ルピーが対ドルで8週間ぶり安値を付けたことで、資金 流入が鈍化しインド準備銀行(中央銀行)が流動性抑制策の緩和を控え るとの懸念が高まった。

インド最大の銀行、インドステイト銀行が2週間ぶり安値まで下 げ、銀行株指数は6日続落した。エンジニアリング会社ラーセン・アン ド・トゥブロは約3週間ぶりの大幅下落。一方、医薬品メーカーのドク ター・レディース・ラボラトリーズは2.9%上昇した。ルピーは一時対 ドルで1ドル=63.2675ルピーまで下げ、9月18日以来の安値となっ た。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前週末比175.19ポイント (0.9%)安の20490.96で終了。前週は週間ベースで2.7%下げた。

ネットワース・ストック・ブローキングのアナリスト、スリア・ナ ラヤン・ナヤク氏は電話インタビューで、「ルピーが再び下げ始めた。 これで国外からの資金流入ペースが鈍化するだろう」と語った。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比13.52ポイント(0.3%)安 の5387.14。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比7.57ポイント(0.4%)安の1977.30。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比47.03ポイント(0.6%)安の8182.56。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE