コンテンツにスキップする

人類絶滅させるiPhoneアプリ,科学の重要性世界に伝える

その伝染病はインドネシアで始ま る。ウイルス性の感染症は最初、人から人へと静かに広がる。現れる症 状はせきとくしゃみのみ。そしてこのウイルスに感染した人が飛行機に 乗る。

感染が世界中に広がるころには発熱が症状に加わり、さらに発汗、 吐き気、嘔吐と悪化していく。感染者数は数百から数千人に増える。ウ イルスは薬に対する耐性を獲得し、数千が今度は数百万人に増える。

これがイアン・リプキン氏のシナリオだ。

コロンビア大学のウイルス研究者の同氏は数十年にわたる感染症研 究の経験を悪事に使っているのではない。ウイルスを作って人類を全滅 させることを目指す「Plague Inc.(プレイグ)」はアップルのiPh one(アイフォーン)やiPad(アイパッド)、グーグルの基本ソ フト(OS)「アンドロイド」を搭載した携帯端末用のゲームだ。

昨年の発売以来1500万本以上がダウンロードされ、ゲームプレーヤ ーばかりでなく、世界の保健機関当局者らの注目を集めている。当局者 らは医療研究への政府支出が圧力にさらされている今、このゲームが感 染症の世界的大流行というリスクを人々に意識させるのに役立つことを 期待している。

コロンビア大学、感染免疫センターのディレクター、イアン・リプ キン氏はインタビューで、「現在米国では科学分野向けの予算がひどく 不足している」とし、プレイグのようなゲームの伝えるメッセージは 「科学の重要性についてあまり考えない人にも届く」と話した。同氏は 新種ウイルスの世界的感染を題材にした2011年のスリラー映画「コンテ イジョン」のテクニカル・アドバイザーに名を連ねた。

99セントでダウンロードできるプレイグは、制作者のジェームズ・ ボーガン氏(26)を億万長者にした。

原題:IPhone App Wipes Out Population to Show Contagion Risks: Health(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE