コンテンツにスキップする

米JPモルガンが禁止を検討、トレーダー間のチャット利用

資産規模で米最大の銀行、JPモル ガン・チェースはトレーダーが他社のトレーダーらと意思疎通を図るた めに「チャットルーム」を利用することを禁止する方向で検討してい る。事情に詳しい関係者が明らかにした。世界の監督当局はこうしたイ ンターネットなどを通じてリアルタイムでやりとりができる「チャッ ト」に注目している。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、JPモルガンが検討 しているのは、通貨やその他の資産を売買する複数社のディーラーが参 加するチャットルームを対象とした禁止措置で、2014年の早い時期まで にまとまる見通し。英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グ ループ(RBS)も市場の指標と関連するトレーディング慣行の見直し の一環として、チャットルーム利用の見直しを進めていると、別の関係 者が述べた。

指標金利や為替レート操作の疑いをめぐる調査で、当局はトレーダ ーの電子メッセージに注目しこれを不正の証拠として採用している。 JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は先 週、電子メールやインスタントメッセージの言葉遣いでは慎重を期する よう行員らに戒めたと、事情に詳しい関係者2人が述べていた。

関係者によると、JPモルガンは大口の通貨取引で顧客をサポート する際にはチャットルームよりも電話や電子メールを使うことをトレー ダーに奨励する可能性がある。

クレディ・スイス・グループもチャットルーム禁止を検討している と、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が10日に関係者の 話として報じていた。同紙によれば、英バークレイズと米シティグルー プ、スイスのUBSも同様に検討しているという。

JPモルガンの広報担当、ジョー・エバンジェリスティ氏とシティ の広報のダニエル・ロメロアプシロス氏はいずれもコメントを控えた。 クレディ・スイスのジャック・グローン氏への電子メールには応答がな い。RBSとバークレイズ、UBSの広報担当者はコメントを控えた。

原題:JPMorgan Said to Consider Chat-Room Ban Amid Regulatory Scrutiny(抜粋)

--取材協力:Liam Vaughan. Editors: Peter Eichenbaum, Edward Evans

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE