コンテンツにスキップする

ヘッジファンド金買い越し減少-強めの米指標で緩和縮小観測

ヘッジファンドは金相場の上昇を見 込むロングポジション(買い持ち)を減らす一方、ショートポジション (売り持ち)をこの4週間で最も大きく増やした。7-9月(第3四半 期)国内総生産(GDP)など米経済指標が予想を上回る数字となり、 米連邦準備制度理事会(FRB)が刺激策を縮小するとの観測が強まっ た。商品全体の買い持ちも4月以来最大の落ち込みとなった。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、金の先物と オプションを合わせたショートは5日終了週に37%増と、先月15日以来 最大の伸び。一方、ロングは4.9%減少した。この結果、ロングの枚数 からショートの枚数を差し引いたネットロング(買い越し)は13%減の 8万7689枚となった。米国で取引される商品18銘柄全体のネットロング も20%減の65万8263枚。綿のポジションが今年最低に落ち込んだほか、 原油も6月以来最低となった。

USバンク・ウェルス・マネジメントのコンサルタント、ダン・ヘ ックマン氏は「米経済が成長している兆しは十分あり、これはFRBが 年末ないし来年初めの緩和縮小を検討し始めることにつながる」とした 上で、「供給が拡大し欧州をめぐる懸念が強まる時期に金融刺激策の支 えがなくなることから、われわれは商品をアンダーウエートとしてい る」と述べた。

原題:Hedge Funds Cut Bullish Gold Wagers on Fed Outlook: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE