コンテンツにスキップする

BOAの制裁金額は上限の8億6300万ドルが適切-米政府

米銀バンク・オブ・アメリカ( BOA)がファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦 宅貸付抵当公社)に欠陥ローンを販売したとして米政府がBOAを相手 取って起こしていた民事訴訟で、政府は詐欺行為の規模を理由にBOA は上限である8億6300万ドル(約855億円)の民事制裁金を支払うべき だとする上申書を裁判所に提出した。

マンハッタンの連邦地裁陪審は先月、BOAの住宅金融部門カント リーワイドが政府支援機関(GSE)2社に数千件の欠陥ローンを販売 して詐欺行為を行ったとする政府の主張を認める評決を下した。

検事らは9日に裁判所に提出した書面で、「BOAは欠陥ローンを 組成し、欠陥品と認識した上でファニーメイとフレディマックから金を だまし取るため、優良ローンであるかのように装って販売した」と指 摘、「単純だが、恥知らずの詐欺行為だ」と断じた。

米政府はカントリーワイドの過失責任の程度やBOAの支払い能力 を勘案し、法律に基づく制裁金の上限である損失総額に相当する金額の 支払いを求めた。

同案件を担当した同地裁のジェド・ラコフ判事は弁護団に対して先 月、制裁金額は後日決定すると伝えており、12月5日に審理が開かれる 予定。

BOAの広報担当ローレンス・グレイソン氏は9日の電子メール で、制裁金額はローンの額と適切な損害規模を水増ししていると述べ た。

原題:BofA Should Pay $863 Million in Fannie Mae Case, U.S. Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE