コンテンツにスキップする

薄熙来元書記の支持者が政党結成-中国共産党に憲法順守要求

収賄などの罪で無期懲役が確定した 中国の薄熙来元重慶市共産党委員会書記を支持する学者らが政党を結成 した。同政党は薄元書記を「終身主席」とし、中国共産党に憲法の順守 を求めている。

新党の名称は「至憲党」で、憲法が最高の権限を有するとの意味 で、結党は6日。共産党が経済・社会改革の青写真を示す第18期中央委 員会第3回総会(3中総会)開幕の3日前だ。北京経済管理職業学院の 王錚准教授が党を創設した。

共産党は1949年以降、中国で政権を握っている。同国には8つの非 共産の小政党があるものの、それらは独立した存在ではなく、正式な野 党は存在しない。

王准教授は10日の電話インタビューで、「中国社会には法律がある のに、法に基づいた支配がなされていない。それは薄氏の裁判で非常に はっきりした。私が新党を結成した理由はそこにある」と説明。その上 で「われわれの目標は共産党による憲法違反を正すことだ。一党支配を 終わらせようとしているわけではない」と述べた。

原題:Bo Xilai Supporter Sets Up China Party as Communist Leaders Meet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE