コンテンツにスキップする

フィリピンに各国から救援隊-死者1万人も、損失推計1.4兆円

超大型の台風30号により甚大な被害 を受けたフィリピンに、日本やシンガポールなど各国が救援隊を派遣し ている。現地では建物が倒壊、洪水による死者は最大1万人に上るとも みられている。

台風30号は10日にベトナムに到達し、熱帯低気圧に変わった。ベト ナムでの人的被害は報告されていない。フィリピン南部のミンダナオ島 には別の熱帯低気圧が近づいていて、台風30号で被災した地域を通過す る可能性がある。フィリピン気象庁は4段階で最も低いレベルの警報を 発令した。

オーストラリアは1000万豪ドル(約9億3000万円)規模の支援を発 表した。フィリピン政府は台風30号による被害で同国経済にマイナスの 影響が及ぶ可能性があるとの見通しを示すとともに、生存者が食料を求 めて略奪に走るのを防ぐため軍を出動させた。

国連も救援活動の強化を発表。米国防総省は海での捜索や救援など への支援を表明し、在フィリピン英国大使館は最大4億1400万ペソ(約 9億4000万円)規模の救援パッケージを打ち出した。

ジュネーブ(スイス)の赤十字国際委員会(ICRC)は、フィリ ピン当局が死者数が1万人に達する恐れがあるとしていることに触れ、 被害が最も大きかった地域に近づくのが困難なため犠牲者の数はまだ確 認できないと指摘している。

ブルームバーグ・インダストリーズのシニアアナリスト、ジョナサ ン・アダムズ氏は災害調査会社キネティック・アナリシスの情報を基 に、台風30号に伴う経済的な損失額が計140億米ドル(約1兆3900億 円)に達する可能性があると指摘した。

フィリピンのプリシマ財務相は携帯電話のメッセージで、被害に見 舞われた地域の成長率が来年、最大8%落ち込む可能性があるとの暫定 予想を示した。

原題:Rescuers Race to Philippines as Typhoon Death Toll Climbs (1)(抜粋)

--取材協力:Clarissa Batino、Max Estayo、Joel Guinto、K. Oanh Ha、Diep Ngoc Pham、Brian K. Sullivan. Editors: Lars Klemming, Rosalind Mathieson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE