コンテンツにスキップする

福島県沖の洋上風力発電、運転開始-クリーンエネルギー

福島県沖合20キロメートルで11日、 浮体式洋上風力発電の運転が始まった。世界初の事業として商業化を目 指す。

このプロジェクトは丸紅など10社と東京大学が実証実験を実施する もので、日立製作所製の浮体式洋上風力発電機1基(出力2000キロワッ ト)が発電を開始した。2015年度にかけて7000キロワットの浮体式発電 設備2基を整備予定。経済産業省によると、100万キロワットまで拡大 する可能性がある。

海に囲まれた島国、日本にとってクリーンエネルギーの切り札とし て洋上風力発電への期待が高まっている。遠浅の海岸が少ない日本では 浮体式の実用化が鍵を握っている。

運転開始の式典には赤羽一嘉経産副大臣、佐藤雄平県知事のほか、 地元いわき市長、県内の漁協関係者が出席した。

佐藤知事は「福島も未来に向かって一歩一歩進んでいる。未来の一 つのシンボル、これが浮体式洋上風力だだろうと思っている」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE