コンテンツにスキップする

銀行給与の伸び、リスク管理職は急ピッチ-規制強化で需要増

銀行のリスク管理・コンプライアン ス(法令順守)担当行員の給与がシンガポールや香港では、ニューヨー クやロンドンと比べ2倍程度のペースで上がった。この分野に精通した 人材が不足しているためだ。

人材あっせん会社ロバート・ハーフ・インターナショナルのロンド ン在勤ディレクター、ニール・オーウェン氏によると、シンガポールや 香港でこの職種で転職すると報酬はボーナス分を除いて今年最大20%増 え、ニューヨークやロンドンでの10%の伸びを上回った。同社データに よれば、シニアレベルの担当者はシンガポールで年間最大25万シンガポ ール・ドル(約2000万円)を受け取る。これに対し、香港では180万香 港ドル(約2300万円)、ロンドンが17万5750ポンド(約2800万円)。ニ ューヨークは32万3595米ドル(約3200万円)となっている。

シンガポールや香港でのハイペースな給料の伸びは、アジアの都市 で経験豊かなプロが少ない状況を反映しているとオーウェン氏は話す。 世界的に銀行資本規制が強化されマネーロンダリング(資金洗浄)や金 利操作の取り締まりが厳しくなる中で、これに対応できる経験者の需要 が高まっている現状も浮かび上がる。リスク管理・法令順守を担当する 行員の報酬は今年、金融の仕事に就く人の中で最も伸びたという。

オーウェン氏は6日の電話インタビューで、「金融危機前は大手銀 行のコンプライアンスチームは一握りの担当者で構成されていたが、今 では必要な役割が大幅に増え、規制の面で大きな変化も起きたため、実 施しなければならない手続きの種類も増えた」と説明した。

HSBC14年も増員

英HSBCホールディングスは今年、担当者を46%増やして4894人 にしたと、同行広報担当のギャレス・ヘウェット氏(香港在勤)が述べ た。同氏は電子メールで「金融犯罪対応や法令順守での能力を世界的に 向上させるため、2014年にさらに増員の方向だ」と説明した。同行はコ ンプライアンス担当の人件費を12年9月以降に40%増額した。

JPモルガン・チェースは10年初め以降の規制や訴訟に絡む支払 い・引当額が280億ドルに達した。同行を含む米6大金融機関では金融 危機以降の和解・訴訟・弁護士関連費用が計1030億ドルを超えている。 ブルームバーグが8月にまとめたデータが示した。

根強い需要

ロバート・ハーフのオーウェン氏は「世界のどの金融サービスセン ターでも、リスク管理やコンプライアンス担当者を求める需要は絶対に ある」と述べた。同社データによれば、シンガポールや香港での金融関 連職種には顧客サービスやローン管理、企業の合併・買収(M&A)助 言が含まれるが、これらの職種の給与には過去1年変化がない。

英銀スタンダードチャータードのアジアのプライベートバンク部門 は近年、リスク管理の専門家を25-30%増やしたと、同部門の北東・南 東アジア責任者、ラジェシュ・マルカニ氏が先月、シンガポールでのイ ンタビューで語った。オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)の プライベートバンク、バンク・オブ・シンガポールも今年、リスク管理 とコンプライアンス担当人員をセールスや顧客管理担当よりも多く増員 したとレナート・デグズマン最高経営責任者(CEO)が同月のイベン トで明らかにしている。

同CEOは「昨今は新しい規則や基準が突然出てくる」と指摘、な るならリスク・コンプライアンスは「良い職種だ」と語った。

原題:Pay Raises for Bank Risk Officers in Asia Trump New York, London(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE