コンテンツにスキップする

米財務長官が12日に訪日、アジア歴訪で黒字削減を要請へ

ルー米財務長官は来週のアジア歴訪 で、アジア諸国に対して経常黒字を引き続き削減するよう求める意向 だ。複数の米財務省当局者が明らかにした。

同当局者らが匿名を条件に話したところによると、ルー長官は12日 の日本を皮切りに中国、シンガポール、マレーシア、ベトナムを訪問。 市場原理に基づく為替レートの重要性について協議し、競争力向上のた めに通貨を使用しないよう求める。

ルー長官のアジア歴訪は今年に入って2度目。オバマ政権はアジア 地域との経済関係強化を図り、貿易相手国に輸出促進のために通貨を操 作しないよう求めている。同長官はまた、環太平洋連携協定(TPP) の妥結に向けた協議進展も目指す。

財務省当局者らによれば、ルー長官はTPPの年内妥結を目指すオ バマ政権の決意をあらためて示す。

当局者の一人は長官が安倍政権に対し、経済構造を改革し、所得増 加や内需拡大を進める必要があるとの見解をあらためて示すことを明ら かにした。この当局者はまた、日本は中期的に財政の健全化を追求すべ きだとの見解も示した。

原題:Lew on Asia Visit Will Urge Japan, China to Reduce Surpluses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE