コンテンツにスキップする

NY外為(8日):ドルが2カ月ぶり高値-米雇用統計に反応

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが2カ月ぶり高値に上昇。10月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場 予想を上回ったことから、金融当局が刺激策を縮小させるとの見方が強 まった。

ドルは主要16通貨中、メキシコ・ペソを除く全てに対して値上が り。10月の米雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比20万4000 人増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 中央値は12万人増だった。ユーロは対ドルで下落。米格付け会社スタン ダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの信用格付けを引き下 げたことが手掛かり。

チャプデレーン(ニューヨーク)の為替責任者、ダグラス・ボース ウィック氏は雇用統計について、「ドルにプラスのニュースだったこと は間違いない」とした上で、「ただし、金融当局は全ての分野での雇用 増加を望んでいる。また一つの経済指標がトレンドを形成することはな い。市場はそのことを非常に良く理解している」と加えた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドル相場を反 映するブルームバーグ米ドル指数は前日比0.5%高の1021.66。一 時1024.31と、9月13日以来の高値を付けた。

ドルは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=1.3367ドル。ユーロは対円 で0.6%上げて1ユーロ=132円42銭。ドルは対円で1%上昇し1ドル =99円05銭。

雇用統計と緩和縮小見通し

10月の米雇用者数の増加幅は、エコノミスト91人の予想全てを上回 った。予想では17万5000人増が最大だった。

また今回は9月の雇用者数の増加幅が16万3000人に上方修正され た。一方、10月の失業率は7.3%に上昇した。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は電話取材で、「市場では12月緩和縮小の観測が 再び広がり始めるだろう」とし、「今回の雇用統計への期待は抑えられ ていた。かなり上向きのサプライズとなった」と続けた。

ブルームバーグが10月17-18日にエコノミスト40人を対象に実施し た調査によれば、金融当局は現在毎月850億ドルで実施している債券購 入の規模を来年3月まで維持する見通しだ。9月の調査では最初の規模 縮小は12月になると予想されていた。

連邦公開市場委員会(FOMC)の次回会合は12月17-18日に予定 されている。

フランス格下げとユーロ見通し

S&Pはフランスの長期格付けを「AA」と、従来の「AA+」か ら引き下げた。同社は発表資料で、格下げは「税制および製品、サービ ス、労働市場に関する財政および構造改革への仏政府の現在のアプロー チが同国の中期的な成長見通しを大きく改善させることはないとの当社 の見解を反映したものだ」と説明した。

ブルームバーグがエコノミスト81人を対象に実施した調査の中央値 によれば、ユーロは対ドルで年末までに1ユーロ=1.33ドルに下落し、 来年1-3月(第1四半期)末までに1.32ドルと下げを拡大すると見込 まれている。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ユーロは今年に入り5.5% 高と、先進10カ国・地域通貨の中で最高のパフォーマンスとなってい る。一方で円は10%下げ、ドルは4%上げている。

原題:Dollar Rises to Two-Month High as Employment Gains Top Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE