コンテンツにスキップする

今週の人民元、上昇-中心レート引き上げと3中総会への期待で

今週の中国人民元相場は上昇。中国 人民銀行(中央銀行)が5日のうち3日にわたって元の中心レートを引 き上げたほか、9日から始まる共産党の第18期中央委員会第3回総会 (3中総会)が一段の経済改革をもたらすとの期待が広がった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比ほぼ変わらずの1ドル=6.0905元で終了。前週末比で は0.15%上昇した。中国人民銀行(中央銀行)はこの日、元の中心レー トを0.15%元高方向の6.1355元に設定。6月7日以来の大幅な引き上げ となった。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 では、人民元は0.05%高の6.0794元。今週は0.11%上昇。元の1年物ノ ンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.1565元と、上海スポット取 引の元相場を1.1%下回る水準。週間ベースでは0.08%高。

原題:Yuan Completes Weekly Advance on PBOC Fixing, Plenum Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE