コンテンツにスキップする

トランス脂肪酸、米国で禁止へ-FDAが動脈硬化リスク指摘

米食品医薬品局(FDA)は7日、 クッキーやクラッカーなどに使われているトランス脂肪酸には動脈硬化 のリスクがあり、全般的に安全だと認識することができないとの暫定的 な判断を示した。

FDAは判断は最終的なものではないとしながらも、トランス脂肪 酸の事実上の禁止につながる可能性があると説明。1940年代から商業的 に幅広く使われてきた食材が米国から段階的に締め出されることにな る。

ハンバーグFDA局長は電話会見で、何も最終決定されていない が、「ほぼ確実にこの方向だ」と言明した。

マクドナルドなどの食品店チェーンは、心臓病につながるコレステ ロールに関係しているとしてトランス脂肪酸の使用をすでに取りやめて いるが、FDAは依然としてスナック食品や焼き菓子、植物性ショート ニングなどに一般的に使われていると指摘している。

米食品メーカーのゼネラル・ミルズは、業界はここ数年トランス脂 肪酸への依存を減らしていると説明。同社広報担当のクリスティー・フ ォスター氏は、「大きな展開だ。食品各社は迅速にFDAの要請を検討 し対処しなければならなくなる」と指摘。米国で小売りされている同社 の商品については、「すでに9割超で『トランス脂肪酸ゼログラム』と の表示がなされている」と語った。

原題:Trans Fats Face U.S. Ban as FDA Deems Ingredients Unsafe (2)(抜粋)

--取材協力:Duane D. Stanford. Editors: Romaine Bostick, Andrew Pollack

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE