コンテンツにスキップする

中国:10月の輸出、予想上回る回復ぶり-貿易黒字は今年最大

中国の10月の輸出は市場予想を上回 る回復を示し、貿易黒字は今年最大となった。貿易が中国の景気回復基 調を支えていることが示唆された。9日からの第18期中央委員会第3回 総会(3中総会)では、成長に向けた新方針が打ち出されると予想され ている。

税関総署が8日発表した10月の輸出は前年同月比5.6%増。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめた市場関係者の予想中央値は1.7%増だっ た。9月は予想外の0.3%減。10月の輸入は前年同月比7.6%増で、この 結果、貿易黒字は311億ドル(約3兆500億円)となった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 中国担当チーフエコノミスト、ルイス・クイジス氏(香港在勤)はリポ ートで、「まだはっきりとは言えないが、中国の輸出統計は世界の需要 がある程度持ち直していることを示唆している」と指摘。輸入統計につ いては、中国の「内需の健全な拡大」を映していると述べた。

同氏はその上で、昨年7-12月(下期)と今年1-6月(上期)は 不正な輸出送り状により統計が水増しされていたことから、10月の輸出 の伸びは実態よりも2ポイントほど低いとの見方を示した。中国当局は 今年5月に不正取り締まりに乗り出した。

10月の輸出に関する市場関係者44人の予想範囲は前年同月比2.2% 減から8%増だった。輸入の市場予想は7.4%増と9月と同じ伸び率が 見込まれていた。貿易収支の予想は248億ドルの黒字だった。

人民元上昇の圧力も

李克強首相は先月、中国は3000万人の雇用を直接支えている輸出セ クターをおろそかにすることはできないとの認識を示した。

1-10月の貿易黒字は計2005億ドルとなり、同期間として2008年以 来の大きさとなった。昨年は年間で2307億ドルだった。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の大中華圏担当 チーフエコノミスト、劉利剛氏は8日付リポートで、貿易黒字の増大は 人民元上昇に向けた圧力が強まることを示唆すると指摘。輸出の重要性 に関する李首相の発言は、人民元上昇とコスト増により「輸出競争力が 低下することへの中国当局の懸念」を示すと記した。

中国にとって最大市場である米国への輸出は10月に前年同月 比8.1%増加。2位の欧州連合(EU)向けは12.7%増と、いずれも2 月以来の大幅増となった。

原題:China Exports Rise More Than Estimated After September Drop (2)(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan、Regina Tan、Janet Ong、Simon Lee. Editor: Scott Lanman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE