コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:上昇-10月の米雇用統計発表控え

ニューヨーク原油先物相場は8日の 時間外取引で上昇している。10月の米雇用統計など重要な経済指標がこ の日発表される。

原油先物相場は一時、0.5%高となった。10月の米非農業就業者数 は前月比12万人増、失業率は7.3%への上昇が予想されている。

前日の通常取引では0.6%下落。経済成長の加速で米連邦準備制度 理事会(FRB)が金融緩和策の規模を縮小するとの懸念が強まった。 ブルームバーグの調査によると、来週の原油先物相場は在庫増を背景に 下落が予想されている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は一 時、46セント高の1バレル=94.66ドルを付けた。シンガポール時間午 前8時34分(日本時間同9時34分)現在、94.64ドルで推移。全限月の 取引高は100日平均を59%下回った。

原題:WTI Rises Second Time in Three Days Before U.S. Economic Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE