コンテンツにスキップする

米消費者信用残高:9月は137億ドル増、回転信用は大幅減少

米連邦準備制度理事会(FRB)が 発表した9月の消費者信用残高は、前月比で市場予想を上回った。

FRBによると、9月の消費者信用残高は前月比137億ドル増加し た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は120億ドル増だった。

IHSグローバル・インサイトの金融エコノミクス担当ディレクタ ー、ポール・エデルスタイン氏は、「今年や昨年の大半ですでに見られ ていたパターンだ。消費者はクレジットカードの残高を増やすことには さほど積極的ではない」と述べた上で、「一般世帯の債務に対する考え 方に変化が生じた可能性は否めない」と続けた。

クレジットカードなどの回転信用は前月比21億ドル減少と、3カ月 ぶりの大幅な減少幅。前月は8億8500万ドルの減少だった。

学資ローンや自動車ローンを含む非回転信用は158億ドル増と、前 月の150億ドル増から伸びが加速した。

い。

原題:Consumer Credit in U.S. Climbed $13.7 Billion in September (1) (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton. Editors: Vince Golle, Carlos Torres

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE