コンテンツにスキップする

RBS格付け「A-」に下げ、バッドバンク設置などで-S&P

格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)は、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド・グループ(RBS)の信用格付けを引き下げた。不良資産処理のた めのバッドバンクを行内に設置する英政府の決定が、同行の黒字回復の 妨げになるとの見解を示した。

S&PはRBSの長期格付けを1段階引き下げ「A-」とした。A -は投資適格の下から4番目。見通しは引き続き「ネガティブ(弱含 み)」。S&Pは7日の発表文で政府の方針について、「RBSで長引 いている事業再編の実質的な延長であり、黒字化を一段と遅らせること になる」と指摘。「さらに、RBSが訴訟やコンダクトリスクに将来的 にさらされることへの不透明感は依然として相当高い」と付け加えた。

原題:RBS Credit Rating Downgraded by S&P on Bad Bank, Litigation Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE