コンテンツにスキップする

ドラギ総裁、「長期」低インフレ容認せぬ-利下げでデフレ阻止

欧州中央銀行(ECB)は依然とし て脆弱(ぜいじゃく)なユーロ圏経済にインフレ低下傾向が根付くのを 防ぐため、予想外の利下げに踏み切った。

ユーロ圏のインフレ率は4年ぶり低水準の0.7%と、ECBが物価 安定の目安とする2%弱の水準の半分未満。こうした中、ECBは主要 政策金利であるリファイナンスオペの最低応札金利を0.25ポイント引き 下げ、過去最低の0.25%とした。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト調査で利下げを予想していたのは70人中3人のみだった。

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「当中銀の金融政策姿勢は 必要な限り緩和的にとどまる」とし、ユーロ圏は「長期にわたる低イン フレに直面する可能性がある」と述べた。

オペの最低応札金利はゼロまであとわずか0.25ポイントとなり、既 にゼロの中銀預金金利をマイナスにするといった非伝統的な措置に ECBが踏み込む可能性が高まったと言える。

この日の利下げを正しく予想していたロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)の欧州担当シニアエコノミスト、リ チャード・バーウェル氏は「インフレ率があまりにも低く、予想よりも さらに低いという事態になった時は、金融緩和を支持する議論に抵抗す ることが困難になる」とし、「失業率の悪い数字は緩和の論拠をさらに 強める」と話した。

リセッション(景気後退)をようやく脱したユーロ圏経済を守るた め、就任から約2年のドラギ総裁は再び行動した。

失業率は過去最悪

ユーロ圏のインフレ率は10月に0.7%と驚きの水準まで落ち込み、 域内経済がデフレサイクルに陥るという不安を浮上させた。さらに失業 率は12.2%と、1999年のユーロ導入以降で最悪。そこに主要通貨に対す るユーロの年初来約4%の上昇が、域内の輸出企業への逆風となって景 気懸念に拍車をかける。ECBは12月に最新の経済予測を発表し、見通 しの詳細が明らかになる見込みだ。

ECBは下限政策金利である中銀預金金利をゼロで据え置く一方、 上限の限界貸出金利は0.25ポイント引き下げ0.75%とした。通常はオペ の最低応札金利と預金金利、限界貸出金利の格差はそれぞれ同等に保た れるが、マイナスにしなかった預金金利との格差(0.25ポイント)を限 界貸出金利に適用して同金利を0.5%まで引き下げれば、市中銀行が通 常のオペよりも緊急用の限界貸出ファシリティを利用するリスクを高め るとドラギ総裁は説明した。

総裁は1カ月物と3カ月物のオペでの固定金利入札と応札額全額供 給を少なくとも2015年半ばまで続けることも明らかにした。最長3年の 長期リファイナンスオペ(LTRO)の再開は発表しなかった。

あらゆる手段

ドラギ総裁は「短期金融市場の状態と、それが当中銀の金融政策姿 勢に及ぼし得る影響を注視し続ける」とした上で、「利用可能なあらゆ る手段を検討する用意がある」と言明した。

利下げ決定と総裁発言を受けてユーロは一時1ユーロ=1.3296ドル と、9月16日以来の安値を付けた。下げ幅は約2年ぶりの大きさだっ た。

短期市場金利も企業や家計の借り入れコストも極めて低いことを考 えると、利下げにはユーロ上昇を防ぐことと物価安定維持へのECBの 決意を示すこと以外にはあまり効果がないかもしれないと、ベレンベル ク銀行のチーフエコノミスト、ホルガー・シュミーディング氏は述べ た。「今はまだ仮説に過ぎないデフレリスクを真剣に受け止めていると いうメッセージをECBは送った。ユーロがさらに高くなり物価下押し 圧力が増すことをECBは望んでいない」と語った。

利下げとフォワードガイダンス(時間軸政策)の強化、追加の流動 性措置以上の行動には、依然として抵抗が大きそうだ。ECB当局者は 繰り返し、米連邦準備制度型の量的緩和を否定している。欧州連合 (EU)条約は中銀による財政ファイナンスを禁じており、ECBによ る大規模な国債購入は条約に反するとして法的措置を引き起こす可能性 がある。

ドラギ総裁は中銀預金金利をマイナスにする可能性をあらためて示 唆したものの、マイナス金利の影響を十分に予測することはできないと 複数の当局者らが発言している。市中銀行がECBに滞留させる余剰資 金にマイナス金利が課されれば銀行の収益力が損なわれ、与信の縮小や 銀行間市場の逼迫(ひっぱく)につながる恐れがある。

とはいえ、この日の予想外の利下げはユーロ圏の苦境に対して断固 として行動するドラギ総裁の決意を示した。2011年11月の就任以来、累 積で1.25ポイントの利下げと3年物資金の無制限供給を実施。ユーロを 守るために「何でもする」発言で域内の一部中銀からは批判も受けたド ラギ総裁だが、そうした発言でユーロ圏を債務危機から救ってきた事実 は否めない。

原題:Draghi Cuts ECB Rates to Combat ‘Prolonged’ Inflation Weakness(抜粋)

--取材協力:Jeff Black、Jana Randow、Kristian Siedenburg. Editors: John Fraher, Fergal O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE