コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請:ほぼ予想通りの減少、特殊要因なし

先週の新規失業保険申請件数は前週 から減少した。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は33万6000件。前週は34万5000件だった。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は33万5000件だった。労働省による と、今回は予想値を基に算出した州はなく、特殊要因もなかった。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフエコノミスト、ス コット・ブラウン氏は「いまだに非常に低いトレンドとして雇用喪失は 続いているが、これは雇用に関する現象の半面でしかない」と述べ、 「ここ数年間、労働市場で注目すべき点は雇用の喪失ではなく、雇用の 創出だ。それが待たれている」と続けた。

より変動の少ない4週移動平均は34万8250件と、前週の35万7500件 から減少した。失業保険の継続受給者数は10月26日までの1週間で4000 人増加して287万人だった。

い。

原題:Jobless Claims in U.S. Fell to 336,000 Last Week as Forecast (2)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble、Shobhana Chandra. Editor: Carlos Torres

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE