コンテンツにスキップする

英中銀:資産購入枠3750億ポンドで維持-政策金利も据え置き

イングランド銀行(英中央銀行)は 7日の金融政策委員会(MPC)で、資産買い取りプログラムの規模 を3750億ポンド(約59兆5000億円)で維持することを決めた。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査でも資産購 入枠の維持が見込まれていた。MPCは政策金利であるレポ金利を過去 最低の0.5%に据え置いた。別のエコノミスト調査の予想と一致した。

カーニー総裁は景気回復が順調に進むことを望むなら、経済の強さ をめぐる投資家の過熱した見方を抑える必要に迫られる可能性がある。 英経済データの改善でポンドの対ドル相場は7月の初め以降5.6%上げ ており、MPCは通貨高の基調で輸出の伸びが損なわれる恐れがあると 警告している。

MPCは今会合で、最新の経済見通しを基に金融政策を決定。英中 銀はこの見通しを来週公表する。同中銀は成長率予想を上方修正すると みられているが、これが失業率の見通しにどうつながるかをカーニー総 裁は気に掛けている。同総裁は失業率の7%への低下が利上げを検討す る目安になるとし、失業率を金融政策と結び付けている。MPCは8月 の見通しで、失業率がこの水準に達する時期は2016年末に近づいてから としたが、投資家らはそれが早まると予想している。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の エコノミスト、ロス・ウォーカー氏(ロンドン在勤)は電話インタビュ ーで、「政策変更もなく、緊迫感に欠ける状況が長期にわたり続くだろ う」とし、「リスクは縮小しつつあるが、まったく無視できるわけでは ない。そのため、MPCはこうした状態を現在の緩和的な政策を維持す る要因として指摘することが可能だ」と語った。

原題:Carney Seen Tempering Optimism as BOE Holds Record-Low Rate (1)(抜粋)

--取材協力:Jennifer Ryan、Niki O’Callaghan、Anna Edwards、Jonathan Ferro. Editors: Fergal O’Brien, Andrew Atkinson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE