コンテンツにスキップする

米ゴールドマンを当局が調査、為替レート操作の可能性に関し

米ゴールドマン・サックス・グルー プは7日、外国為替レート操作の可能性について当局調査の対象となっ ていることを明らかにした。

当局への四半期届け出資料では、調査の対象となっている金融商品 と関連活動の一覧に通貨と商品が追加されている。複数の当局がゴール ドマンの「トレーディング活動と、指標レート設定に関連したコミュニ ケーション」を調査しており、同社は「全ての調査、検査に協力してい る」という。

米シティグループとJPモルガン・チェースを含む少なくとも銀行 8行が外為市場に関する調査を受け、当局に協力していると明らかにし ている。シティとJPモルガン、英バークレイズはシニア為替トレーダ ーの何人かを休職や停職にしている。不正を問われているトレーダーは いない。

また、米連邦準備制度理事会(FRB)はゴールドマンなど金融機 関による原油や石炭、金属など商品の取引と保有を容認している法律と 規制を見直していると、事情に詳しい関係者が10月に述べていた。

ブルームバーグ・ニュースは6月に、為替ディーラーらがインスタ ントメッセージを使ってポジションなどの情報を共有し顧客注文より先 に自身の取引を実行して、為替レートの指標であるWM/ロイター・レ ートを操作しようとしたと報じた。

またゴールドマンはこの日の届け出で、「合理的に生じ得ると考え られる」訴訟や規制関連の損失額は第3四半期に40億ドル(約3970億 円)だったことも明らかにした。これは想定される法務費用から引き当 て済みの額を差し引いた金額で、前四半期は35億ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE