コンテンツにスキップする

9月のドイツ鉱工業生産:前月比0.9%減-成長ペースが鈍化も

ドイツの9月の鉱工業生産は横ばい の事前予想に反して減少した。同国経済の成長ペースが7-9月(第3 四半期)に鈍化した兆候を示した。

独経済技術省が7日発表した9月の鉱工業生産指数は前月比0.9% 低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト36人の予想中 央値は横ばいだった。前年同月比(営業日数調整後)では1%上昇し た。

8月の指数は前月比1.6%上昇、前年同月比では0.9%上昇にそれぞ れ上方修正された。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)が10月の月報で同国経済は7-9月 (第3四半期)に成長ペースが落ちたもようだとの見解を示したほ か、10月の企業景況感指数は予想に反して前月比で低下し、6カ月ぶり に落ち込んだ。ドイツ最大の貿易パートナーであるユーロ圏の経済は回 復しているものの、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はこれを「脆 弱(ぜいじゃく)」と指摘している。

HSBCトリンカウス&ブルクハルトのエコノミスト、ロター・ヘ スラー氏(デュッセルドルフ在勤)は、「緩慢とした回復だが、ユーロ 圏は好転した」とし、「ドイツの経済成長率は力強かった4-6月(第 2四半期)から多少鈍化したかもしれないが、同国経済は安定してお り、着実に成長している」と語った。

原題:German Industrial Production Falls as Economic Recovery Slows(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Paul Gordon, Fergal O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE