家計の金融資産平均額が小幅減、評価額上昇も保有しない世帯増-調査

全世帯の金融資産保有額の平均が昨 年から小幅減少した。株価上昇などから金融資産を持つ世帯では保有額 が膨らむ一方で、同資産を全く持たない世帯も増加していることが背 景。金融広報中央委員会(事務局・日本銀行情報サービス局)が7日発 表した調査結果で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。