コンテンツにスキップする

中国:金利スワップレート、4カ月ぶり高水準-資金供給見送り

中国の短期金融市場では7日、1年 物金利スワップレートが6月以来の高水準に達した。中国人民銀行(中 央銀行)は金融システムへの資金供給を見送った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、上海時間午前10時19分 (日本時間同11時19分)現在、1年物金利スワップレートは5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して4.32%と、6月24日以来の 高水準を付けた。上昇はこれで4営業日連続。

銀行間資金の取引センター、NIFCがまとめた加重平均金利によ ると、翌日物レポ金利は4bp上昇の3.71%。6日は3.67%。同日まで は5営業日連続で低下し、8月以来の長期の下げとなっていた。

プライマリーディーラーのトレーダー3人によると、人民銀は7 日、リバースレポを見送った。

原題:China Swap Rate at Four-Month High as PBOC Halts Cash Injection(抜粋)

--Helen Sun. Editors: Amit Prakash, Anil Varma

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE