コンテンツにスキップする

クルーグマン教授:ギリシャ型の危機、米国では起こり得ない

ノーベル経済学賞受賞者で米プリス トン大学教授のポール・クルーグマン氏は、米国と英国ではユーロ圏の 5カ国を襲ったような債務問題は起こらないとの見解を示した。通貨同 盟には属しておらず、自国通貨での借り入れが可能なためだとしてい る。

クルーグマン氏は、7日にワシントンで開催される国際通貨基金( IMF)の会議で発表する論文で「ギリシャ型の財政・金融危機の可能 性をめぐる懸念がこの4年間、われわれの政策議論の大きな部分に影を 落としてきた。現時点で借り入れに問題のない国々に緊縮策を求める主 要な論拠となり、実際の政策の形成で大きな役割を果たしてきた」と記 した。

同氏は「主に米国や英国、日本など変動相場制を取る国に信頼の危 機が差し迫っているとの警告が繰り返されているが、そのような危機は 発生していない」と指摘した。

クルーグマン氏はその理由の一つとして、ユーロ圏各国とは異な り、日米英3カ国にはそれぞれ「最後の貸し手」となる自国の中央銀行 が存在することを挙げた。ユーロ圏では過去3年間、欧州中央銀行( ECB)がそのような役割を果たす考えを示すたびに困難に陥った国々 の借り入れコストが低下したと指摘した。

原題:Krugman Says Greek-Like Crisis Could Not Occur in U.S. (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE