コンテンツにスキップする

独コメルツ銀:取締役2人が12月末で退任-人員削減の一環

ドイツのコメルツ銀行は6日、人員 削減計画の一環として、取締役2人が退任すると発表した。同行は2016 年までに5200人の削減を計画している。

同行が電子メールで送付した発表資料によれば、ヨーヒェン・クレ スゲス氏(49)とウルリッヒ・ジーバー氏(47)は12月31日付で退任す る。これにより取締役会のメンバーは7人に減る。マルティン・ブレッ シング最高経営責任者(CEO)は8月、人員削減の対象には上級幹部 も含まれることを明らかにしていた。

コメルツ銀によれば、クレスゲス氏は来年4月、ハンブルクの海運 会社ERキャピタル・ホールディングに最高執行責任者(COO)とし て入社し、7月に同社のCEOに就任する。ジーバー氏の今後の計画に 関する情報は開示されていない。

原題:Commerzbank Says Board Members to Leave as Bank Cuts 5,200 Jobs(抜粋)

--取材協力:Nicholas Brautlecht. Editors: Angela Cullen, Frank Connelly

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE