コンテンツにスキップする

【個別銘柄】日写印は大幅安、航空電子急騰、東レは高い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

日本写真印刷(7915):前日比12%安の1481円。2014年3月期の連 結営業利益見通しを40億円から10億円に下方修正する、と6日に発表。 デバイス事業のフォトリソ工法タッチパネルの需要が想定より減速が見 込まれるとした。前期は67億8300万円の赤字。

日本航空電子工業(6807):ストップ高となる150円(15%)高 の1123円。14年3月期の連結営業利益見通しを110億円から前期比45% 増の125億円に上方修正する、と6日に発表。主力のコネクタ事業が想 定以上に好調だった上期動向を踏まえた。期末の配当計画も1株当たり 5円から7円に引き上げ、年間でも15円と前期10円からの増配を見込 む。

ユニプレス(5949):7.4%安の1755円。14年3月期の連結営業利 益予想を従来の170億円から150億円に減額すると6日に発表。前期比で は6.1%の増益予想が一転、6.4%の減益となる見込み。SMBC日興証 券は6日付で投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げ た。

カルソニックカンセイ(7248):14%高の539円。14年3月期の連 結営業利益見通しを200億円から前期比2.4倍の240億円に上方修正す る、と6日に発表。為替が想定以上に円安で推移しているほか、前期に 発生した北米での新車立ち上げ集中に伴う一時的な混乱も収束したた め。中国での日本車販売の回復も見込む。

ミツバ(7280):18%高の1628円。14年3月期の連結営業利益見通 しを120億円から前期比55%増の140億円に上方修正する、と6日に発 表。円高修正効果に加え、米国やアジア市場の活況で主力の輸送用機器 関連を中心に売り上げが増えているほか、費用削減なども見込む。

日本特殊塗料(4619):15%高の548円。4-9月期の連結経常利 益は前年同期比47%増の13億6500万円だった、と6日に発表。原材料価 格の高止まりで自動車製品関連の採算が悪化した半面、航空機用や建 築・構築物用を中心に塗料関連が伸びた。海外関係会社の好調、持分法 投資利益の増加なども寄与した。

バンダイナムコホールディングス(7832):8%高の1996円。14年 3月期の連結営業利益予想を従来の400億円から450億円に上方修正す る、と6日発表した。前期比での減益率は18%から7.5%に低下する。 4-9月期に家庭用ゲームソフトや映像音楽パッケージソフトなどが前 回見込みを大きく上回ったことを踏まえた。

エディオン(2730):10%高の528円。4-9月期の連結営業損益 は28億5800万円の黒字と、前年同期の27億4300万円の赤字から改善した と6日に発表。夏場の猛暑でエアコンなど生活家電商品が好調に推移、 低迷していたテレビも8月以降は前年水準を上回り始めた。上期動向に 加え、消費税引き上げを控えて今後も業績堅調が見込まれるとし、14年 3月期の営業利益見通しを47億円から65億円に上方修正した。

ウエルシアホールディングス(3141):6.6%安の5640円。公募増 資とイオンを相手先とする第三者割当増資で最大約142億円を調達す る、と6日に発表した。子会社への投融資資金に当てる目的。1株当た り利益(EPS)の希薄化などを嫌気する売りが優勢だった。

レンゴー(3941):4.3%安の490円。4-9月期の連結営業利益が 前年同期比28%減の98億円になったと6日に発表。原燃料価格の上昇が 響いたほか、海外では中国の板紙事業が低迷した。野村証券は株価の極 端な割安感は薄れて来たとして、投資判断を「買い」から「中立」に引 き下げた。

東レ(3402):5.7%高の647円。きょう午後に発表した4-9月期 の連結純利益が前年同期比47%増の294億円と従来計画の250億円を上回 った。繊維事業や情報通信材料・機器事業が堅調で、炭素繊維複合材料 事業の収益も大きく伸びた。

堀場製作所(6856):3.8%安の3405円。1-9月期の連結営業利 益は前年同期比8.7%減の64億4400万円だった、と6日に発表。半導体 事業の改善、円安効果で売り上げは1割以上伸びたが、販売費用の増 加、利益率の高い製品販売の減少などが響いた。

長瀬産業(8012):7.1%安の1134円。14年3月期の連結営業利益 予想を従来の192億円から157億円に減額した。タッチパネル関連部材や ガラス薄型加工事業などの売り上げについて、上期に比べ減少を見込ん だ。

タカタ(7312):3.5%高の2540円。14年3月期の連結営業利益見 通しを230億円から前期比73%増の250億円に上方修正する、と6日に発 表。米州の売り上げ伸長やアジアの増益、為替が想定より円安で推移し た上期動向を踏まえた。

住友精化(4008):2.3%高の656円。4-9月期の連結営業利益は 前年同期比84%増の36億2700万円だった、と6日に発表。収益柱の吸水 性樹脂の売り上げが大幅に伸び、エレクトロニクスガス、精密化学製品 販売の低調を補った。14年3月通期見通しも63億円から前期比63%増 の68億円に上方修正。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE