コンテンツにスキップする

米プルデンシャル7-9月:純損益は5四半期ぶりの黒字

米2位の生命保険会社、プルデンシ ャル・ファイナンシャルの7-9月(第3四半期)純損益は、昨年4- 6月(第2四半期)以来5四半期ぶりの黒字となった。年金勘定の移管 や米ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループからの 部門買収が寄与した。

6日の発表資料によると、純損益は10億4000万ドル(約1030億円) の黒字。前年同期は5億8400万ドルの赤字だった。株式公開前に販売し た保険の収益や一部投資損益を除いたベースの営業利益は1株当た り2.94ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平 均(2.11ドル)を上回った。

ジョン・ストレングフェルド最高経営責任者(CEO)はベライゾ ン・コミュニケーションズやゼネラル・モーターズ(GM)から年金勘 定の移管を受ける取引をまとめたことや、ハートフォードから生保事業 を買収したことから恩恵を受けている。株主資本利益率(ROE)は株 式相場の上昇に支えられ、今年1-9月に15%を超え、2013年の目標を 上回るペース。

サンドラー・オニール・アンド・パートナーズのアナリスト、エ ド・シールズ氏は決算発表前に電話インタビューで、株式相場の好調や 金利の動きを追い風に「業績はかなり好調になろう」と述べていた。

プルデンシャルの株価はニューヨーク時間午後5時2分現 在、0.6%高の82.25ドル。年初来では53%上昇し、S&P500種株価指 数の24%高を上回っている。

米リタイアメントソリューション・投資運用事業部門は調整営業利 益が12億6000万ドルと、前年同期の5億600万ドルから増加した。資本 市場のパフォーマンス改善などが寄与した。

定額・変額年金の販売は24億ドルと、前年同期の59億3000万ドルか ら減少した。同社は年金商品の一部で支払いを減らした。

投資利益は9.2%増加し28億7000万ドル。プルデンシャルの主要事 業の純資産は9月末時点で1株当たり70.25ドルと、3カ月前の71.93ド ルから減少した。

国際保険事業の調整営業利益は7億7800万ドルで、前年同期は7 億8200万ドルだった。

原題:Prudential Financial Swings to First Profit in Five Quarters (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE