コンテンツにスキップする

LMEでニッケルが約2週間ぶり安値、在庫が過去最高に

6日のロンドン金属取引所 (LME)では、ステンレス鋼の材料であるニッケルの相場が約2週間 ぶりの安値を付けた。在庫が過去最高に達したことから、供給が需要を 大幅に上回るとの懸念が強まった。銅相場も下落した。

LME指定倉庫のニッケル在庫は年初来で71%増え、5日には過去 最高の23万9958トンに達した。バークレイズによると、今年の供給は需 要を12万トン上回る見通し。昨年は約9万2000トンの供給過剰だった。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州)のジェイソン・シェン カー社長は電話取材で、「ニッケル在庫は積み上がる一方だ。安価な供 給の過剰が膨らみ続けて市場に打撃を与え、価格の重しになるだろう」 と述べた。

LMEのニッケル相場(3カ月物)終値は前日比1.6%安の1トン =1万4110ドル。一時は1万4059ドルと10月18日以来の安値を付けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値も、0.7%安の1ポンド=3.237ドルだった。

原題:Nickel Declines to Two-Week Low on Supply Outlook (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE