コンテンツにスキップする

米ゴールドマンの訴訟関連損失の見積額、40億ドルに増加

米ゴールドマン・サックス・グルー プのハービー・シュワルツ最高財務責任者(CFO)は6日、同社の7 -9月(第3四半期)の「合理的にあり得る」訴訟関連損失が40億ドル (約3950億円)に増加したことを明らかにした。

この数字は訴訟費用が準備金をどの程度超過するかの見積額。同 CFOが債券投資家との電話会議で語ったところによると、4-6月 (第2四半期)は35億ドルだった。

JPモルガン・チェースの同様の数字は57億ドル、バンク・オブ・ アメリカ(BOA)は51億ドルだった。

原題:Goldman Sachs Reasonably Possible Legal Loss Rises to $4 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE