コンテンツにスキップする

NY金:反発、2週間ぶり大幅高-ドル下落が経済の弱さ示唆

ニューヨーク金先物相場は反発。ほ ぼ2週間ぶりの大幅高となった。7日発表の米国内総生産(GDP)で は成長の伸び悩みが示されるとの見方を映してドルが軟調に推移したこ とが背景。

エバーバンク・ウェルス・マネジメントのシニアマーケットストラ テジスト、クリス・ギャフニー氏(セントルイス在勤)は電話インタビ ューで、「今の経済はまだ健全とはいえない」と指摘。「ドルの弱さが 金を支えている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.7%高の1オンス=1317.80ドルで終了。先月24日以来の 大幅上昇となった。

原題:Gold Rises Most in 2 Weeks as Dollar Slide Signals Weak Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE