コンテンツにスキップする

ダイモン氏訓示、JPモルガン社員は不謹慎なメールを慎むよう

米銀JPモルガン・チェースのジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は行員に対し、電子メール やインスタントメッセージでの言葉遣いに注意するよう促した。同 CEOの発言について知る関係者2人が明らかにした。監督当局はこう した手段を通じたトレーダーらのやり取りへの注目を強めている。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、ダイモンCEOは先 週、ロンドンのカナリーワーフのオフィスで開いた行員向けタウンホー ルミーティングで、「誇張するな、あれこれ思いを巡らせるな、たわ言 を書くな」と訓示した。「私は真剣だ」とも述べたという。

当局はトレーダーらのメールやテキストなどを提出させて分析し、 指標金利や為替レート操作をめぐる調査での不正の証拠として採用して いる。

ダイモンCEOは10月28日のミーティングで「われわれ全員が、も っと高いスタンダードを守らなくてはならない」と語ったという。

金融機関と監督当局は最近数カ月に、インスタントメッセージや電 子メール、電話などの通信記録や取引データを検証している。当局は外 為市場での不正操作を疑い、ポジションや顧客注文についての情報を交 換するディーラー間のメッセージのやりとりに注目していると、事情に 詳しい関係者4人が10月に述べていた。

原題:Dimon Says Keep Higher Standards in Warning to Staff on E-Mails(抜粋)

--取材協力:Liam Vaughan、Julia Verlaine、Tom Schoenberg. Editor: Edward Evans

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE