コンテンツにスキップする

ブレント原油、BPなど国際大手が価格操作とトレーダーら提訴

北海ブレント原油の価格を国際石油 大手が長年にわたって操作しているととして、世界の原油市場のベテラ ントレーダー4人がニューヨーク、マンハッタンの米連邦裁判所に訴え を起こした。価格操作の事実は実証可能だと主張している。

英BPやノルウェーのスタトイル、英・オランダ系ロイヤル・ダッ チ・シェルを含む世界の大手石油会社が米投資銀行モルガン・スタンレ ーおよびビトル・グループなどのエネルギー取引会社と共謀し、北海ブ レント原油のスポット価格を10年以上にわたり操作していると、原告ら は訴えた。北海原油は世界の原油の半分以上とガソリンや灯油などの燃 料の価格の指標になる。

ブレント市場での価格操作については既に、米国で少なくとも6件 の訴訟が起こされている。今回のトレーダーらの訴えは操作の手法を最 も詳細に説明しており、各国当局が問題を調査する際の道筋を示すもの となる可能性がある。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の元ディレクターを含む原 告らは、ブレント原油先物に「人為的で非競争的な価格」を支払わされ たと主張。またロシアのウラル原油価格を操作する試みや、ブレントと ドバイ原油の価格差が操作されたケースもあったとしている。

さまざまな商品の価格を発表する商品市況情報会社プラッツに、石 油会社やエネルギー取引会社が虚偽の情報を提出していたと、原告は主 張。10月4日に起こした訴訟について集団訴訟の認定を求めている。

原題:Brent Crude Traders Claim Proof BFOE Boys Manipulated Market (2)(抜粋)

--取材協力:Elisa Martinuzzi、Laura Hurst. Editors: Jeffrey D Grocott, Stephen Voss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE