コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港、中国株下落-3中総会控え

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン中国企業株(H株)指数はここ1週間余 りで最大の下げとなった。中国共産党が経済改革などについて協議する 第18期中央委員会第3回総会(3中総会)が9日から開催される。

風力発電を手掛ける龍源電力集団(916 HK)は1.9%下落。前日は 2週間ぶりの高値を付けていた。青島ビール(168 HK)は2.9%安。ジ ェフリーズ・グループによる株式投資判断引き下げが響いた。

一方、石油・ガス生産の昆侖能源(135 HK)は2.3%上昇。同社が 中国の都市化の恩恵を受けるとの見方をサンフォード・C・バーンステ ィーンが示した。

H株指数の終値は前日比0.7%安の10561.57。10月25日以来の大幅 な下落率となった。ハンセン指数は前日比2.01ポイント安の23036.94で 終了。構成50銘柄中、約半数が値下がりした。

プライド・インベストメンツ・グループのルイス・ワン最高投資責 任者(CIO)は、「市場のセンチメントは持ちこたえているようだ が、中国市場のパフォーマンスが低調なため、香港株に大きな上振れは ないだろう」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が1週間ぶりの安値となった。 金融・不動産株を中心に値下がりした。中国共産党は9-12日に第18期 中央委員会第3回総会(3中総会)を開催する。

平安銀行(000001 CH)や保利房地産集団(600048 CH)が安い。米 フォード・モーターやマツダと提携する中国の自動車メーカー、重慶長 安汽車(000625 CH)は5.6%安。一方、中国石油化工 (SINOPEC、600028 CH)は6月以来の高値に上昇。親会社が持 ち株を増やしたほか、さらに株式を取得するとの方針を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比17.63ポイント(0.8%)安の2139.61で終 了。終値ベースで10月29日以来の安値となった。上海、深圳両証取のA 株に連動するCSI300指数は1.3%安の2353.57。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「金融株が指数の下げを 主導している。年末を控え流動性が逼迫(ひっぱく)している上に、収 益面でも明るい材料がない」と分析。「週末の3中総会を前に臆測と不 透明感が広がっている」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のS&Pセンセックス指数は続落とな った。銀行株と金属株の下げが目立った。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は約1カ月ぶりの大幅 安。13銘柄で構成する銀行株指数は3日続落。同指数は前月に大きく上 げていた。産銅会社セサ・スターライトは2.5%安。一方、ソフトウエ ア大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズは先月25日以来の大幅上 昇となった。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比79.85ポイント (0.4%)安の20894.94で終了。同指数は3日の特別取引で過去最高値 を更新していた。

ジオジットBNPパリバ・ファイナンシャル・サービシズの調査責 任者、アレックス・マシューズ氏は電話インタビューで、「現行水準で の値固めを見込んでいる」とし、「銀行と金属銘柄に対するある程度の 利益確定の動きは排除できない。いずれの銘柄も大きく上げていた」と 語った。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比1.84ポイント高の5433.81。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.26ポイント安の2013.67。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比19.77ポイント(0.2%)高の8281.97。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE