コンテンツにスキップする

NY外為:ユーロ上昇、経済指標受けECB利下げ見送り観測

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロがドルと円に対して上昇。ユーロ圏のサービス業景況指数が速報値か ら上方修正されたことで、欧州中央銀行(ECB)が7日の政策決定会 合で利下げを見送るとの観測が強まった。

ドルは7週ぶり高値付近から下落。7日発表の7-9月(第3四半 期)国内総生産(速報値)では、前期比での伸び鈍化が見込まれてい る。米連邦準備制度理事会(FRB)による2つの調査リポートでは、 経済におけるスラック(たるみ)により緩和的な政策スタンスが正当化 されると記された。円は下落。東京株式市場でTOPIXが上昇し、逃 避先通貨としての円の需要が後退した。ニュージーランド(NZ)ドル は2週間ぶり高値。雇用者数の増加に反応した。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は電話取材で、「ECBの会合を控え、かなりの不 透明感が広がっている」と指摘。「ECB会合を前にユーロ安が多少行 き過ぎたかもしれないと懸念する声が聞かれた」と加えた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%上 昇の1ユーロ=1.3513ドル。4日には1.3442ドルと、9月18日以来の安 値を付けていた。対円ではこの日0.4%上げて1ユーロ=133円31銭。ド ルは対円で0.2%値上がりし、1ドル=98円66銭。

主要10通貨に対するドル相場を反映するブルームバーグ米ドル指数 は0.3%下げて1013.48。4日には1017と、9月18日以来の高水準に上げ た。

NZドル

NZドルは米ドルに対し4日続伸。NZ統計局の発表によると、同 国では7-9月期に雇用者数が1.2%増加した。前期は0.4%増だった。

NZドルは0.1%高の1NZドル=0.8377米ドル。一時0.8415米ド ルと、10月24日以来の高値を付けた。

7日のECB会合をめぐっては、ブルームバーグがエコノミスト70 人を対象に実施した調査で67人が、現在0.5%の政策金利を据え置くと 見込んでいる。一方、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、英ロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、スイスの UBSは0.25ポイントの引き下げを予想した。

ECB利下げ見通し

ゲイン・キャピタル・グループのシニア為替ストラテジスト、エリ ック・ビロリア氏「ECBが7日に利下げを決定するとの見方が強まっ ていたことから、ユーロはこのところ軟調だった。利下げはなさそうだ と当社は考えている」とした上で、「今後利下げがあることを示唆する 可能性は高い」と続けた。

英マークイット・エコノミクスが6日発表した10月のユーロ圏サー ビス業景気指数(改定値)は51.6と、速報値(50.9)から上方修正され た。同指数は活動拡大・縮小の分かれ目となる50を3カ月連続で上回っ た。

ブルームバーグの調査によれば、7-9月の米GDPは前期比年率 2%増と、前期の2.5%増からの減速が見込まれている。GDP統計は あす7日に発表される。また8日発表の10月雇用統計に関しては、非農 業部門雇用者数の12万人増が予想されている。9月は14万8000人増だっ た。

米金融当局による失業率押し下げを目指す政策は効果的だと、 FRBの当局者が報告書で指摘した。

イングリッシュFRB金融政策局長は、失業率が6.5%を上回る状 況では、利上げしない戦略が効果的な刺激を提供しており、その基準を 引き下げることも有効である可能性があると分析。ウィルコックス FRB調査統計局長は別の報告書で、インフレ期待が抑制された状況で は経済のたるみが緩和策を正当化するとの認識を示した。

原題:Euro Rises on Bets ECB Will Refrain From Rate Cut; Kiwi Rallies(抜粋)

--取材協力:Candice Zachariahs、大塚美佳、Kevin Buckland、Lucy Meakin、Joseph Ciolli、Yudith Ho. Editors: Kenneth Pringle, Dave Liedtka

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE