コンテンツにスキップする

ヘッジファンド界の「希望の星」、マウンツ氏が死去-48歳

金融誌インスティチューショナル・ インベスターで2012年にヘッジファンド界の「ライジング・スター(希 望の星)」に選ばれたキンバリー・マウンツ氏が死去した。48歳だっ た。

家族によると、同氏はカリフォルニア州ニューポートビーチのホー グ病院で10月25日に心不全で亡くなった。20日にジムでの運動後に1回 目の心停止状態となり、昏睡状態にあったという。

マウンツ氏はゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタ ンレーで働いた後2006年にMAPオルタナティブ・アセット・マネジメ ントを設立した。

シニアコンサルタントのマルコ・リキアルデュリ氏によると、従業 員10人弱の投資顧問会社MAPは公的年金や企業年金を顧客に持つ。債 券を手掛ける新興のヘッジファンドに投資するファンドオブファンズを 計画していたと同氏は述べた。

原題:Kimberly Mounts, ‘Rising Star’ Hedge Fund Adviser, Dies at 48(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE