コンテンツにスキップする

日本取引所と日経新聞:新指数400を来年1月から算出、ROE

日本取引所グループ(JPX)と日 本経済新聞社は6日、共同開発を進めてきた新たな株価指数の詳細を決 定し、来年1月から算出を開始する。

両社が同日夕に公表したニュースリリースで明らかにした。新指数 名は「JPX日経インデックス400」で、東証1部、2部、マザーズ、 ジャスダック市場上場の400銘柄で構成され、資本の効率的活用や投資 者を意識した経営観点など、国際的な投資基準に求められる条件を満た した企業群が組み入れられる。算出開始予定日は2014年1月6日、1秒 ごとのリアルタイムで配信され、起算日は13年8月30日、1万ポイント とする。

具体的には、まず適格基準よるスクリーニングが行われ、上場後3 年未満、過去3期いずれかの期で債務超過、過去3期全ての期で営業赤 字や最終赤字、整理銘柄のいずれかに該当する場合は除外される。その 後直近3年間の売買代金、選定基準日時点の時価総額など市場流動性指 標によるスクリーニングで1000銘柄に絞られ、さらに「3年平均ROE (株主資本利益率)」と「3年累積営業利益」で各40%、「選定基準日 時点の時価総額」で20%のウエートを加味したスコア付けを行う。

定量的指標によるスコアリングの点数に、「独立した社外取締役の 選任(2人以上)」「IFRS採用または採用の決定」「決算情報英文 資料のTDnetを通じた開示」という定性的要素が加点され、スコア が高い順に400銘柄が選定される仕組みだ。銘柄の定期入れ替えは毎年 6月の最終営業日を選定基準日とし、8月の最終営業日に行う。

日本取引所、日経新聞によると、3年ROEの単純平均値はJPX 日経400の算出開始時の選定銘柄ベースで11.1%、TOPIXは5.7%、 新指数の非構成銘柄は3.9%となっている。算出開始時の400銘柄の市場 区分分布は1部が386銘柄、2部が1、マザーズが2、ジャスダック が11。業種別分布(TOPIX-17シリーズ)上位は情報通信・サービ スその他の47銘柄、小売44、素材・化学38、電機・精密36、自動車・輸 送機31、機械28、銀行26など。

大和証券投資戦略部の塩村賢史シニアストラテジストは、 「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のベンチマークになる かもしれないということで、あすの材料になる」と指摘。株価へのイン パクトの大きさという点では、「TOPIXに入っていない銘柄、新興 市場で入ってきた銘柄」との認識を示した。

--取材協力:Yoshiaki Nohara. Editor: 院去信太郎

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE