コンテンツにスキップする

アジア株:MSCI指数、5日ぶり反発-コモンウェルス銀高い

6日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数が5営業日ぶりに反発した。円安・ドル高を 背景に日本株が値上がりしたほか、オーストラリアのコモンウェルス銀 行の増益が好感された。

時価総額で豪州最大の銀行、コモンウェルス銀は1.3%高。同行の 7-9月(第1四半期)は不良債権処理の費用減少が寄与し、調整後ベ ースで14%増益となった。台湾のスマートフォン(多機能携帯電話)メ ーカー、宏達国際電子(HTC)は3.9%上昇。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時32分(日本時間同3 時32分)現在、前日比0.3%高の141.37。10業種中、7業種が値上がり している。

フィデリティ・ワールドワイド・インベストメントの株式担当グロ ーバル責任者、リチャード・ルイス氏はブルームバーグテレビジョンに 対し、「株式にとって極めて好ましい状況だ」と指摘した。

原題:Asian Stocks Gain, Snapping Four-Day Decline, as Yen Weakens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE