コンテンツにスキップする

INGが再編加速へ、日本の生保は欧州事業IPOに含める方向

オランダの金融サービス最大手、 INGグループは6日、事業再編を従来予定よりも2年早く完了する見 込みだと明らかにした。欧州連合(EU)の欧州委員会から日本の保険 事業を2014年に計画している欧州事業の新規株式公開(IPO)に含め る許可を得たという。

欧州委と結んだこの合意に基づき、欧州の保険事業と投資運用事業 の全持ち分売却の完了時期は2年早め16年末とする。日本のアイエヌジ ー生命保険については、買い手が見つからなかったため過半数株を売却 する期限は2年先延ばしされ15年末となった。

ラボバンクは新合意について、日本事業を年内に無理に売却する必 要がなくなったことで安値での売却を避けられるためプラスだと指摘し た。

INGがこの日発表した7-9月(第3四半期)純利益は1億100 万ユーロ(約134億円)と、前年同期から85%減少。韓国の生命保険部 門の売却に伴い9億5000万ユーロの損失が出た。ブルームバーグがアナ リスト7人を対象に実施した調査の平均では、2730万ユーロの純損失が 見込まれていた。一時項目を除いたベースの利益は前年同期比5.6%増 の8億9100万ユーロ。アナリスト予想は8億9900万ユーロだった。

また、INGは08年に受けた救済の資金11億3000万ユーロを6日に 金利を付けて政府に返済する。復配への一歩となる。

原題:ING to Speed Up Reorganization After Revised Deal With EU ING 3Q In Line, Japan Unit Plan Positive, Rabobank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE