コンテンツにスキップする

豪州で住宅バブルのリスク、シドニーの古びた住宅が8千万円

シドニー郊外にある3ベッドルーム の住宅の競売に5人が入札し、ジジ・ウォンさんが85万6000豪ドル (約8040万円)で落札した。壁紙が剥がれ、ドアにひびが入り、裏庭は 草が生い茂る同物件にウォンさんが支払う額は、不動産会社の予想 を14%上回った。

シドニー大学で会計業務に携わるウォンさんは投資目的で落札した この物件について「払い過ぎかどうか分からない」としながらも、「私 には借り入れ能力があり、可能であるため、それを活用する」と語っ た。この地域の物件は過去15年に3倍に値上がりしている。

オーストラリアでは、低い借り入れコストを背景に住宅価格が急激 に上昇し、住宅バブルの懸念が広がりつつある。現時点では、住宅供給 の逼迫(ひっぱく)と投資家需要が価格を押し上げている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの豪州担当チーフ エコノミスト、ソウル・エスレーク氏(メルボルン在勤)は「バブルの ような状況がいかに醸成され得るか見てとれる」とし、「今は物件の値 上がりが進んでいるが、借り入れや建設の急増を伴ってはいない」と語 った。

RPデータ・リスマークの住宅価格指数によると、豪州で最も人口 が多いシドニーの平均住宅価格は年初から10月末までに13%上昇して71 万8122豪ドルと、過去最高を更新した。

豪州の主要都市の平均住宅価格は、2010年10月から12年5月の間 に7.4%下落していたが、今年10月末時点は60万5336豪ドルと持ち直し た。これは過去最高だが、インフレを考慮した実質ベースでは10年末と ほぼ同水準だ。ウォンさんのような投資家や一部の年金基金、海外の買 い手が回復に拍車を掛けている。

ただ投資家向けの販売が増加すると、景気が予想外に悪化した場合 に、住宅市場をさらに不安定な状況に追い込むと、エスレーク氏はみ る。同氏は電話取材に対し「投資家は居住オーナーほど物件に思い入れ がない」とし、住宅価格見通しの変化や金利上昇、規制変更が不利に働 く場合など、投資家が「不動産を処分し、住宅価格に急激な下押し圧力 がかかる」可能性もあると話した。

原題:Bubble Trouble Seen Brewing in Australia Home Prices: Mortgages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE