コンテンツにスキップする

ソシエテ・ジェネラル、ニューエッジ完全子会社化も-関係者

時価総額でフランス2位の銀行ソシ エテ・ジェネラルは、デリバティブ(金融派生商品)取引の仲介業者ニ ューエッジ・グループを完全子会社化する見通しだ。事情に詳しい関係 者2人が明らかにした。

ニューエッジは現在、ソシエテとクレディ・アグリコルが50%ずつ 出資しているが、クレディ・アグリコルの法人投資銀行部門は資本基準 の強化に対応するため、エクイティデリバティブ業務から撤退。両行 は、ニューエッジを通じて約6年間続いた資本提携の解消を目指してい るという。

非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、ソシエテは資産運用会社アムンディ・グループの株式持ち分の一 部をクレディ・アグリコルに譲渡し、代わりにニューエッジの残りの株 式を取得する計画だ。両行が決算を発表する7日にも公表される可能性 がある。

関係者によれば、アムンディはソシエテの持ち分が現在の25%から 約20%に減り、クレディ・アグリコルの出資比率が約80%に高まる見込 み。両行の担当者は、電話取材に対してコメントを避けた。ソシエテに よるニューエッジの完全子会社化の計画については、仏紙フィガロが5 日先に報じていた。

原題:SocGen Said to Increase Stake in Newedge in Swap With Agricole(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE