コンテンツにスキップする

アポロ新ファンド、調達上限175億ドルに引き上げへ-関係者

資産家レオン・ブラック氏が運営す るプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社アポロ・グロー バル・マネジメントは、新たな企業買収ファンドについて、顧客の要望 に対応するため資金集めの上限を175億ドル(約1兆7200億円)に引き 上げる計画を提示し顧客に承認を求めている。事情に詳しい関係者3人 が明らかにした。

計画が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に明らかにし たところによると、アポロは「アポロ・インベストメント・ファンド VIII」の調達上限を当初150億ドルとしていたが、投資家らが計最 大200億ドルの投資に関心を示しているため引き上げを目指している。

英調査会社プレキンのデータによると、新たな上限が承認されれ ば、アポロの買収ファンドの資産規模は、TPGキャピタルが2008年に 主力PE投資ファンドで189億ドルを調達して以降で最大となる。投資 家らがPE投資会社との関係を縮小し、資金獲得競争が激化する中、こ れまでのファンドが力強いパフォーマンスを示しているアポロは投資を 引き付けている。

アポロの新ファンドの調達資金が175億ドルに達すれば、08年に147 億ドルを調達したファンドを19%上回る規模となる。

アポロの広報を手掛けるルーベンスタイン・アソシエーツのチャー ルズ・ゼレン氏は資金調達に関するコメントを控えた。

原題:Apollo Said to Seek Approval to Boost Fund Size to $17.5 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE